吉武邦彦の活動記録


▲「宗像大社節分祭」豆まき行事にて

よしたけ邦彦は、30代半から「地域のために汗をかけ」という父の言葉を胸に地域活動に没頭。

●まちおこし組織「玄海未来塾」代表
 (「玄海未来塾」の活動詳細はこちら
●アクシス玄海物産館 企画、立案、運営責任者
●宗像・玄海合併推進市民グループ「宗像人の会」発起人
●玄海小学校PTA会長
●「沖ノ島大国宝展」実行委員長
●世界遺産登録推進組織「沖ノ島物語実行委員会」委員長
●宗像大社氏子青年会会長
●新観光物産館(道の駅むなかた)建設検討部会 部会長
                                 ほか
を歴任。 また宗像観光協会の代表として、宗像市内外でイベントの企画・実行、魚のブランド化等々を計画・運営し、宗像市の観光産業に貢献してきた実績は大きい。
現在は「宗像観光協会代表理事」を務めている。

 

吉武邦彦の活動フォト

●「大王のひつぎ海を行く」大島港

●沖ノ島清掃奉仕活動





●実業団女子駅伝西日本大会

●九州観光・物産フェア





●花まつり

●筑前玄海魚まつり






■「玄海未来塾」の活動

「玄海未来塾」は、産業振興を通した町づくりを目指すボランティア団体であるが、環境、教育活動へのニーズもあり活動範囲が広がる可能性が高い。会員は序々に増え、漁業・農業関係者や一般会社員、教員などが新たに加わり、20代~40代、36人のグループとなっている。
■「玄海未来塾」の活動実績

H9.5 玄海未来塾の創設→当初若手観光関係者で結成(10人)→観光振興を通した活力ある町づくりを目指す(観光は総合産業であり、雇用創出効果が高い。観光には、漁業・農業も含まれていく)
H9.7 アクシス玄海観光物産館事業計画原案作成(同物産館は、H10.4月にオープンし、観光と農業を結ぶ拠点ができる)
H9.12 観光協会機構改革案提案。
H10.10~現在 筑前玄海魚まつりの開催に参画。(観光と漁業の接点づくりができる)
H11.10 若手漁業者との連携で、釣りアジ玄ちゃんブランド化システムづくりに参画。
H11.12 市町村合併の推進組織「宗像人の会」起上げに主体的に参画、住民発議のための署名活動
H12年度 玄海町で水揚される魚介類の総称を「玄海天然印」として売り出すことを提案。第1回沖ノ島奉仕活動
H13年度 「海は誰のものか」をテーマに、3つのWG(漁業振興、環境保全、海から見る宗像大社)を起上げ、研究。関係漁業者と「やりいか」のブランド化に取り組む。第2回沖ノ島奉仕活動
H14年度 新市合併記念イベント「宗像大社国宝展」実行委員会参画。第3回沖ノ島奉仕活動。
H15年度 「宗像大社国宝展」目標の2万人入場クリア、これを契機に沖ノ島を中心とする世界遺産登録を目指す、「沖ノ島物語実行委員会」立ち上げに参画。その他、新市合併記念イベント実行委員会参画。さつき松原保存会参加。第4回沖ノ島奉仕活動
H16年度 宗像大社氏子青年会「おがちの会」立ち上げに多数のメンバーが参画。第5回沖ノ島奉仕活動
H17年度 宗像大社秋季大祭で「神奈備(かんなび)祭」復活(おがちの会)。第6回沖ノ島奉仕活動
※現在の主な活動は、「宗像大社のにぎわいづくり」と「世界遺産登録運動」である。前者は「おがちの会」で、後者は「沖ノ島物語実行委員会」での活動が中心となり、「未来塾」の名前が表面にでてくることはない。

トップページ | プロフィール | 政策と信条 | 活動の記録 | 仲間たち | リンク | 問い合わせ先 | ページの先頭へ戻る↑